根抵当権設定仮登記の登記原因証明情報には、登記原因の具体的な記載を必要とする

2016/07/28

[登記研究]726号

根抵当権の設定の仮登記の登記原因証明情報の適格性

根抵当権の設定の仮登記の申請に添付情報として、次の内容の登記原因証明情報兼承諾情報を作成した場合、仮登記の承諾情報としての適格性は有すると考えますが、登記すべき物権変動の原因となる事実又は
法律行為及びこれに基づいて現に物権変動等の登記を申請すべき原因が生じたことが分かる具体的な記載(当該根抵当権の設定契約を締結した旨)がないため、登記原因証明情報としての適格性を欠くものと考えますが、
いかがでしょうか。
                      登記原因証明情報兼承諾情報
  根抵当権者Aあて
  平成○年○月○日
                                 債務者兼根抵当権設定者B 印
  私は、以下の登記原因が相違ないことを確認の上、根抵当権者Aにおいて根抵当権設定仮登記を申請することを承諾します。
  登記申請情報の内容
  一 登記の目的 根抵当権設定
  二 登記原因  平成○年○月○日設定
  三 極度額   金○万円
  四 債権の範囲 金銭消費貸借取引
  五 債務者   B
  六 根抵当権者 A
  七 不動産の表示 ○○区○○町○番○の土地

御意見のとおり

関連する記事 

Posted by 4430