常用漢字表(旧字対照表)

2018/11/14


常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)-抜粋

 

POINT

*常用漢字表とは、「一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安を示す」表のことです。政府は、平成22年(2010年)11月30日、「常用漢字表」(2010年改訂版)を告示しました。また、各行政機関が作成する公用文における漢字使用等についても「常用漢字表」によるものとしました。(2136字)

*()付きの字体は、康煕字典体であり、いわゆる旧字体と言われている字体のことで、不動産登記においても、同一文字として扱われるので、名義人表示変更(更正)登記は不要です。

常用漢字表の見方

   ◆常用漢字表(旧字対照表)の見方・使い方

常用漢字表

1

関連する記事 

Posted by 4430