2017年に設立された会社のうち合同会社が23%


日本経済新聞電子版より
 (https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32468380Q8A630C1EA4000/

会社設立時に「合同会社」(LLC)の形態を選択するケースが増えている。
法務省登記統計によれば、2017年に国内で設立された企業約11万8000社の23%が合同会社。
2018年は4月まででこれが24.8%まで高まっている。
株式会社に比べ設立手続きの手間や費用が少なく、意思決定も迅速にできる長所が認知されている。

関連する記事 

Posted by 4430