◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

居住用に新築した建物を主たる建物とし、新築後1年以上経過した未登記の建物を附属建物とする建物の表示の登記がされた後、所有権保存登記を申請する場合、主たる建物部分についてのみ租税特別措置法の適用がある

[通知]平成9年 9月1日(民三)1553号

租税特別措置法第72条の適用

 居住用に新築した建物を主たる建物とし、新築後1年以上経過した未登記の建物を附属建物とする建物の表示の登記がされた後、所有権保存登記を申請する場合に要する登録免許税については、当該主たる建物に係る部分についてのみ租税特別措置法の適用がある。

関連する記事

Posted by 4430