◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

国税滞納者の所有不動産の差押さえるにあたり、その登記名義人が第三者で、その所有権を目的とする抵当権が設定されている場合、その所有権登記を抹消するにつき抵当権者の承諾を得られないときは、「滞納処分に基づく差押」を代位原因として「真正な登記名義の回復」による所有権移転登記の嘱託が可能

[登記研究]701号

「滞納処分に基づく差押」を代位原因とする「真正な登記名義の回復」による所有権の移転の登記の嘱託

要旨 国税滞納者の所有する不動産を差し押さえるに当たり、その登記名義人が第三者になっており、また、当該第三者の所有権を目的とする抵当権が設定されている場合において、当該第三者の所有権の登記を抹消することにつき抵当権者の承諾を得ることができないときは、「滞納処分に基づく差押」を代位原因として「真正な登記名義の回復」による所有権の移転の登記の嘱託をすることができる。

問  国税滞納者の所有する不動産を差し押さえるに当たり、その登記名義人が第三者になっており、また、当該第三者の所有権を目的とする抵当権が設定されている場合において、当該第三者の所有権の登記を抹消することにつき抵当権者の承諾を得ることができないときは、「滞納処分に基づく差押」を代位原因として「真正な登記名義の回復」による所有権の移転の登記の嘱託をすることができると考えますが、いかがでしょうか。

答  御意見のとおりと考えます。

 

 

関連する記事

ご相談・お見積りはこちらからどうぞ

当事務所では、様々な登記関連サービスを提供しております。ご興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

◇◇お問合せ◇◇☜クリックでメールフォームのページへ

Posted by 4430