甲地はA、乙地はBを住所として所有権登記を受けた者がCに住所移転した場合、甲・乙両地の登記名義人住所変更登記は1個の申請ですることができる

2012/12/28

【登記研究】283号

住所移転と登記名義人の表示変更登記手続

 

 同一の登記所の管轄内にある甲不動産についてA住所、乙不動産についてB住所(Aより転住)で所有権の登記を受けた者がCに住所移転をしたので、甲・乙両不動産につき登記名義人の住所変更の登記を申請する場合は、同一の申請書によりすることができる。

関連する記事 

Posted by 4430