住宅ローン減税の延長を検討(政府、消費増税対策で最長5年)


住宅ローン減税、延長を検討 政府、消費増税対策で最長5年 

2018/10/26付日本経済新聞より
(https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36921710V21C18A0MM8000/)

 

2019年10月の消費増税にあたり、住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った。消費増税前の駆け込み需要やその反動減を防ぐ狙いで、年末の税制調査会で詳細を議論し、最終決着させる。

消費増税対策として検討されている住宅ローン減税の拡充策は、期間の延長に加えて主に2つ。一つが減税の対象となるローン残高の引き上げ。現在の最大4千万円を5千万円などに上げる案。期間を10年に据え置いても最大500万円が税控除される。もう一つは税控除率の引き上げ。残高の1%とする比率をさらに引き上げる考え方。

関連する記事 

Posted by 4430