検索

混同を原因とする抵当権の抹消登記(登記研究563号)

2018/04/13

抵当権者が抵当不動産について「真正なる登記名義の回復」を原因とする所有権移転の登記を受け
ている場合に、当該抵当権抹消登記の原因及びその日付を、所有権移転登記を受けた日又はそれ以前の日付に
よる混同とする登記の申請は受理される。登記研究563号

(Visited 374 times, 1 visits today)