サイト内検索

債権者代位による相続登記完了後、共同相続人の1人が相続放棄をした場合の登記手続は、登記権利者、登記義務者による共同申請で所有権の更正登記をすべきである

2015/12/18

【登記研究】461号

このエントリーをはてなブックマークに追加

代位による相続登記完了後の相続放棄

要旨  債権者代位による相続登記完了後、共同相続人の1人が相続放棄をした場合の登記手続は、登記権利者、登記義務者による共同申請で所有権の更正登記をすべきである。

問   配偶者及び直系卑属(乙・丙)を相続人とする相続登記を債権者代位により完了した後、丙が相続を放棄した場合、相続登記の更正登記手続は、乙を登記権利者、丙を登記義務者とする共同申請によりすべきものと考えますが、いかがでしょうか。

答   御意見のとおり

(Visited 39 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by 4430