サイト内検索

A信託の受託者が受託者として所有する土地に対し、同じく自己が受託者となっている別の信託(B信託)のために地上権を設定し、当該地上権をB信託の信託財産に帰属させることの可否

2017/01/17

【登記研究】766号

このエントリーをはてなブックマークに追加

所有権信託(A信託)の受託者が受託者として所有する土地に対し、同じく自己が受託者となっている別の信託(B信託)のために地上権を設定し、当該地上権をB信託の信託財産に帰属させることの可否

 

Xを委託者兼受益者、Yを受託者、甲土地を信託財産とする信託(A信託)、Xを委託者兼受益者、Yを受託者、金銭を信託財産とする信託(B信託)がそれぞれに設定されている場合において、A信託の受託者たるYが、B信託の受託者たるYに対して地上権を設定し、当該地上権をB信託に帰属させることはできない。

(Visited 2 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加



Posted by 4430