偽造書類にて所有権移転登記申請、逮捕(東京)

土地の移転登記 無断申請の疑い 警視庁、5人逮捕

2018/2/7付 日本経済新聞朝刊
 
 

 東京都品川区の土地を所有者に無断で移転登記しようとしたとして、警視庁捜査2課は2月6日、会社役員の男(別の詐欺罪などで起訴)ら5人を偽造有印公文書行使などの容疑で逮捕した。

 捜査2課は、宮田容疑者らが他人の不動産を無断で売却して代金をだまし取る「地面師」グループとみている。

 逮捕容疑は、2013年4月、医療法人が所有する品川区西五反田の土地(約480平方メートル)について偽造の印鑑証明書などを法務局に提出し、所有者に無断で所有権移転登記しようとした疑い。法務局が書類の偽造に気付いた。

 同時期に購入を持ちかけられた都内の不動産会社が約3億6千万円を支払ったが土地を取得できておらず、捜査2課は詐欺容疑も視野に調べる。

2018/02/21

Posted by 4430