◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

署名(および拇印)証明書又はサイン証明書と代理権限証書とは必ずしも合綴することを要しない

[協議]平成21年

外国在住の日本人の印鑑証明書と委任状について

 

(要旨)署名(および拇印)証明書又はサイン証明書と代理権限証書とは必ずしも合綴することを要しない。

 

(問題)外国在住の日本人が売主となる所有権移転登記申請書に添付する印鑑証明書に代わる署名(および拇印)証明書やサイン証明書等と、代理権限証書としての委任状は必ずしも合綴していなくても構わないとするのが、これまでの登記実務の取り扱いであったのに、最近、合綴していないものは、委任状の署名(および拇印)と署名(および拇印)証明書やサイン証明書等の署名(および拇印)の同一性の認定ができないので、添付書類として認めないとする登記所があります。実務の取り扱いが変更されたのでしょうか。

 

(協議結果)合綴されていないことをもって却下することはできないと考えますが、合綴することが原則なので、協力をお願いしたい。

関連する記事

ご相談・お見積りはこちらからどうぞ

当事務所では、様々な登記関連サービスを提供しております。ご興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

◇◇お問合せ◇◇☜クリックでメールフォームのページへ

Posted by 4430