◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

破産会社に破産管財人代理が選任されているときは、破産管財人代理と面談した資格者代理人本人確認情報とすることができる

[登記研究]735号

破産管財人代理と面談した結果をもって法23条4項1号の本人確認情報とすることの可否

要旨  登記義務者が破産会社である場合に破産管財人代理が選任されているときは、当該破産管財人代理と面談した結果をもって、法23条4項1号の資格者代理人による本人確認情報とすることができる。

問   登記義務者が破産会社である場合に破産法77条の規定に基づき破産管財人代理が選任されているときは、破産管財人代理は破産管財人の職務全体について包括的権限を有するものと考えられることから、当該破産管財人代理を相手として面談した結果をもって、法23条4項1号の本人確認情報とすることができるものと考えますが、いかがでしょうか。

答   御意見のとおりと考えます。なお、破産管財人代理に面談した結果をもって本人確認情報とする場合には、当該破産管財人代理の選任について裁判所の許可があったことを証する書面の添付も要するものと考えます。

 

関連する記事

ご相談・お見積りはこちらからどうぞ

当事務所では、様々な登記関連サービスを提供しております。ご興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

◇◇お問合せ◇◇☜クリックでメールフォームのページへ

Posted by 4430