◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

異順位の共同相続人の間で相続分の譲渡がされた後に遺産分割協議が行われた場合における所有権移転登記は可能

[通知]平成30年 3月16日(民二)137号

異順位の共同相続人の間で相続分の譲渡がされた後に遺産分割協議が行われた場合における所有権の移転の登記の可否について(通知)

平成30年3月16日法務省民二第137号

(照会)異順位の共同相続人の間で相続分の譲渡がされた後に遺産分割協議が行われた場合における所有権の移転の登記の可否について

 甲不動産の所有権の登記名義人Aが死亡し,その相続人B,C及びDによる遺産分割協議が末了のまま,更にDが死亡し,その相続人がE及びFであった場合において,B及びCがE及びFに対してそれぞれの相続分を譲渡した上で,EF間において遺産分割協議をし,Eが単独で甲不勁産を取得することとしたとして,Eから,登記原因を証する情報(不動産登記令(平成16年政令第379号)第7条第1項第5号ただし書,別表22の項添付情報欄)として,当該相続分の譲渡に係る相続分譲渡証明書及び当該遺産分割協識に係る遺産分割協議書を提供して,「平成何年何月何日(Aの死亡の日)D相続,平成何年何月何日(Dの死亡の日)相続」を登記原因として,甲不動産についてAからEへの所有権の移転の登記の申請があったときは,遺産の分割は相続開始の時にさかのぼってその効力を生じ(民法(明治29年法律第89号)第909条),中間における相続が単独相続であったことになることから,他に却下事由が存在しない限り,当該申請に基づく登記をすることができると考えますが,いささか疑義がありますので照会します。

(回答)貴見のとおり取り扱われて差し支えありません。

 

関連する記事

ご相談・お見積りはこちらからどうぞ

当事務所では、様々な登記関連サービスを提供しております。ご興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

◇◇お問合せ◇◇☜クリックでメールフォームのページへ

Posted by 4430