◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

委任状に、登記事項、当事者及び不動産の表示が記載されている場合、委任日が登記原因日より以前のものであっても受理できる

[協議]平成26年

登記委任状に記載された委任日が登記原因日より前である場合の取扱いについて

 

(要旨)委任状に、登記事項、当事者及び不動産の表示が記載されている場合、委任日が登記原因日より以前のものであっても受理できる。

(問題)不動産登記におきましては、登記事項が委任状に記載されている場合は、原因日より前の日付の委任状も差し支えない(平成3年1月19日登記実務研究会質疑応答不動産登記パネルディスカッション)ものとされておりますが、統一化をお願い申し上げます。
 また、商業・法人登記につきましても、適法な決議や決定がされた後の日付であれば、委任日が効力発生日以前であっても有効な委任契約が成立しており、却下事由には該当しないものと考えますが、いかがでしょうか。

 

(協議結果)不動産登記の取扱い:貴見のとおり。ただし、登記事項が全て委任状に記載されている場合に限る。
      商業登記の取扱い:現時点では認められない

関連する記事

ご相談・お見積りはこちらからどうぞ

当事務所では、様々な登記関連サービスを提供しております。ご興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

◇◇お問合せ◇◇☜クリックでメールフォームのページへ

Posted by 4430