◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

原抵当権の債務者兼設定者が死亡前に締結した抵当権追加設定契約書に基づく登記は、(1/2)被相続人を債務者とする抵当権追加設定登記と(2/2)年月日相続による債務者を法定相続人とする変更登記の2件で申請するのが相当である

[協議]平成11年

抵当権債務者の死亡と追加設定

 

(要旨)原抵当権の債務者兼設定者が死亡前に締結した抵当権追加設定契約書に基づく登記は、(1/2)被相続人を債務者とする抵当権追加設定登記と(2/2)年月日相続による債務者を法定相続人とする変更登記の2件で申請するのが相当である。

(問題)原抵当権の債務者兼設定者が死亡前に締結した抵当権追加設定契約書に基づく登記は、(1/2)被相続人を債務者とする抵当権追加設定登記と(2/2)年月日相続による債務者を法定相続人とする変更登記の2件で申請するものと解するが、この場合、抵当権追加設定登記の債務者に法定相続人を表示すれば、一件で申請することができると考えるが、いかがか。

(協議結果)前段  意見のとおり、後段  消極に解する

(解説)本件は、債務者兼設定者が死亡前に抵当権追加設定契約をなし、相続人が、その契約書を登記原因証書として、申請をする場合であると考えられるが、後段の登記申請は、登記原因を証する書面と符合しないことから、相当でない。

関連する記事

2018/01/03

Posted by 4430