中小企業金融公庫を(根)抵当権者とする(根)抵当権について、取扱店の表示を「営業第一部」、「営業第二部」、「営業第三部」とすることは認められる

2013/01/03

[協議]平成17年

中小企業金融公庫を(根)抵当権者とする(根)抵当権の取扱店の表示について

 

(要旨)中小企業金融公庫を(根)抵当権者とする(根)抵当権について、取扱店の表示を「営業第一部」、「営業第二部」、「営業第三部」とすることは認められる。

(問題)中小企業金融公庫を(根)抵当権者とする(根)抵当権について、取扱店の表示を「営業第一部」、「営業第二部」、「営業第三部」とすることは認められるか。

(協議結果)認められる。

(解説)(根)抵当権の取扱店の表示においては、昭和57年4月28日付け法務省民三第3238号民事局第三課長回答が示されており、本照会についても、これに該当するものと考えられる。

関連する記事 

Posted by 4430