◆吉澤司法書士事務所(4430.info)にご相談下さい

◆不動産登記(相続・贈与・売買・抵当権抹消)◆会社法人登記(設立・役員変更)◆遺言・エンディングノート・成年後見

債権者代位による相続登記完了後、共同相続人の1人が相続放棄をした場合の登記手続は、登記権利者、登記義務者による共同申請で所有権の更正登記をすべきである

[登記研究]461号

代位による相続登記完了後の相続放棄

要旨  債権者代位による相続登記完了後、共同相続人の1人が相続放棄をした場合の登記手続は、登記権利者、登記義務者による共同申請で所有権の更正登記をすべきである。

問   配偶者及び直系卑属(乙・丙)を相続人とする相続登記を債権者代位により完了した後、丙が相続を放棄した場合、相続登記の更正登記手続は、乙を登記権利者、丙を登記義務者とする共同申請によりすべきものと考えますが、いかがでしょうか。

答   御意見のとおり

関連する記事

ご相談・お見積りはこちらからどうぞ

当事務所では、様々な登記関連サービスを提供しております。ご興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。

◇◇お問合せ◇◇☜クリックでメールフォームのページへ

Posted by 4430